握手

建設業許可をうけるためには建設業者としてコンプライアンスを重視した経営をしていることが求められます。

反社会的勢力との関係がないことはもちろん、遵法精神や誠実性が経営に深いかかわりのある役員や事業主等に求められています。

誠実性とは

建設業許可では役員等に請負契約に関して「誠実性」が求められます。

法人、役員等、個人事業主、建設業法施行令第3条に規定する使用人(支配人、支店長、営業所長等)が請負契約に関して、不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者ではないこと

法第7条3号および法第15条第1号

ここでいう「不正な行為」とは「請負契約の締結又は履行の際の詐欺、脅迫等、法律に違反する行為」であり、
「不誠実な行為」とは「工事内容、工期等、請負契約に違反する行為」をいいます。

不正な行為とは

  • 請負契約の締結又は履行の際の詐欺、脅迫等、法律に違反する行為

不誠実な行為とは

  • 工事内容、工期等、請負契約に違反する行為

つまり、求められる誠実性とは役員等が請負契約に関し、「不正又は不誠実な行為をする恐れが明らかな者ではないこと」です。

実際の事例として、建築士法、宅建取引業法の規定により不正又は不誠実な行為をしたことで免許等を取消処分を受け、その最終処分から5年を経過していない者は「不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者」とされています。

誠実性を求められる対象者

誠実性について判断される役員等は、法人にあってはその法人の役員等、個人にあってはその本人、その他建設業法施行令第3条に規定する使用人(支配人、支店長、営業所長等)などです。

役員等とは

業務を執行する社員、取締役、執行役もしくはこれらに準ずるもの(法人格のある各種の組合等の理事等(執行役員、監査役、会計参与、監事及び事務局長等を除く。))又は相談役、顧問その他いかなる名称を有するものであるかを問わず、法人に対し業務を執行する社員、取締役、執行役若しくはこれらに準ずる者と同等以上の支配力を有するものをいう。

誠実性の対象となる役員等の例

  • 業務を執行する社員
  • 取締役
  • 執行役
  • 支配人、支店長、営業所長等の令3条使用人
  • 総株主の議決権5%以上を有する個人の株主
  • 出資の総額5%以上に相当する出資をしている者
  • 役職のいかんを問わず、取締役と同等以上の支配力を有するもの
  • 個人事業主

欠格要件とは

以下の欠格要件に該当すると許可がうけられません。

許可申請書若しくは添付書類中に重要な事項について虚偽の記載があり、又は重要な事実の記載が欠けているとき

法人にあってはその法人の役員等、個人にあってはその本人、その他建設業法施行令第3条に規定する使用人(支配人、支店長、営業所長等)が次の要件に該当しているときは許可が受けられません。

  • 破産手続開始の決定をうけて復権を得ない者
  • 精神の機能の障害により建設業を適正に営むに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切におこなうことができない者
  • 不正の手段で許可または認可を受けたこと等により、その許可を取り消されて5年を経過しない者
  • ③に該当するとして聴聞の通知を受け取った後、廃業の届出をした場合、届出から5年を経過しない者
  • 建設工事を適切に施工しなかったために公衆に危害を及ぼしたとき、又は危害を及ぼす恐れが大であるとき、あるいは請負契約に関し不誠実な行為をしたこと等により営業の停止を命ぜられ、その停止の期間が経過しないもの
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又はその刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
  • 建設業法、建築基準法、労働基準法等の建設工事に関する法令のうち、政令で定めるもの、若しくは暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の規定に違反し、又は刑法等の一定の罪を犯し罰金刑に処せられ、刑の執行を受けることがなくなった日から5年を経過しない者
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員又は同号に規定する暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者(⑨において「暴力団員等」という)
  • 暴力団員等がその事業活動を支配する者

許可申請後、審査中に上記に該当していることが発覚すると許可がでません。
また許可取得後に上記に該当していたことが発覚した場合には許可が取り消されます。

欠格事由により許可されない事例が増えています

許可申請書に虚偽の内容を書いたり、重要事項を書かないことで欠格要件に該当してしまう事例が多く見られます。


これは、本人が故意にというわけではなく該当しないと勘違いしていたり、忘れていたりという場合があるからです。

例えば、傷害で罰金刑を受けていたのに、略歴書の賞罰に「なし」と書いて虚偽の内容となってしまったり、他社で専任の宅地建物取引士として名義貸しをしていたのを忘れていて書かなかった場合に重要事項を書かなかったとされるなどです。

虚偽申請として許可の取り消し処分とされてしまうと、会社も、その時の取締役全員も欠格要件に該当してしまいますので建設業許可が5年間申請できなくなってしまいます。

最近注意する必要があるのが、マイナンバー制度違反です。

正当な理由なく業務で取り扱う特定個人情報ファイルを提供した場合は罰金又は懲役になりますので、欠格要件の禁錮以上の刑に該当してしまいます。

まとめ

誠実性、欠格要件は国家公安委員会に照会がかけられます。

また、建設業界のよくある話として経管、専技の名義貸しなどの許可要件不備のごまかし、建設業法違反の隠蔽など、事実に反する虚偽申請はバレます。
なぜバレるかというと○○○があるからです。(○○○はご想像ください)

誠実性、欠格要件は誠実に建設業経営に取り組んできて努力して許可要件をクリアしてきた事業者様にとっては全く問題にならに要件です。

お問い合わせ

    以下のフォームからお問い合わせください。






    ◆お問い合わせの項目を選択してください

    ◆お問い合わせ内容


    よろしければ以下の質問にご回答ください(任意)




    わからない知事許可大臣許可

    わからない一般特定

    法人個人事業主

    第1希望 日付 時間
    第2希望 日付 時間

    確認画面は出ません。上記内容で送信しますので、よろしければチェックを入れてください。